リウマチと猫と本の山に翻弄されるまうの日々。7歳年上ののり君と、2000年4月生まれの静(しず)さま&2006年4月生まれのサリオンと同居中です。


by maunya
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

今日はいろいろと。

ショックな出来事でしたので打ちひしがれてます・・・。
どうせミュージシャンなら。せめて捕まるときはクスリとかなら
「しかたねえなあ」
と思えたのに。のに。
高校時代にてっちゃんのイベントに行って、翌日中間テストの最中に39度の熱をだしたり。
大阪の厚生年金にツアー見に行って
「終電で帰ってくるなんて!」
とおとんに怒られたり(「はあい、気をつけます~」と聞いた振りして次のツアーも行ったなあ)、
そんな想い出が一日中頭をぐるぐるしてましたよ・・・。

更新しない間、筋肉少女帯の武道館の最前列で頭をガンガン振ったり、横浜で御手洗ツアーに夫をつきあわせたり、横浜トリエンナーレを楽しんだり、日帰り東京出張の帰りに強引に馬車道に寄り道したりしてたんですけど、とりあえず今日は昨日のお料理なんかを。何かしないと気持ちが落ち着かないモノで(笑)。

一昨日、鹿児島から届いたはまち、水イカ、鯛を弟がうちまで届けてくれました。
ハマチと水イカはその日のうちにお刺身でいただいたのですが。鯛をどうするか。
普通に塩焼き、鯛飯・・・と悩んで、アクアパッツアなんかもいいなあ、と思ったのですが、
それならアサリとトマト買いに行かなくちゃだし・・・と考えました。
せっかく天然の鯛だから、余分な手は加えたくないし。
というわけで、思いついたのが「塩釜焼き」
見た目より簡単だし、とにかくこれは美味しい!
そんなわけで、レシピ乗せておきます。

<材料>
鯛・・・・まるごと一匹(800グラムぐらいまでが良いみたい。オーブンの大きさも考えてね)
塩・・・・800グラム~1.5㌔(鯛より少し多めの量で十分。精製塩じゃなく粗塩とかね)
卵白・・・1~3個分
レモン

①鯛はうろこ、内臓をきれいにとり、水気をふきとって軽く塩をふる。30分ほどおく(乾かす)。
②塩と卵白をなめらかになるまでまぜる。レモン汁(水でも十分)を加えても。あと、ここで塩にハーブなんか混ぜても良いかも。
③オーブンの天板にクッキングシートをしいて、塩の四分の一ぐらいを鯛の大きさにのばす。
天板ごとサーブするならシートなしでもいいです。
④鯛を載せ、鯛の形に塩を均一になるようかぶせる。器用な人は塩でレリーフとかつくってください。私には無理だ。
⑤180度に温めたオーブンにいれて20~30分焼く。もし焦げるようなら、アルミホイルをかぶせましょう。
c0043315_20511911.jpg

25分ぐらい焼いてこんな感じですから、焦げたりはしないと思いますが。
で、ホントは木槌とかあるといいんだけどそんなものはないので、クッキングばさみのお尻でとんとん叩いてみたら、綺麗に割れました。
c0043315_20525397.jpg

レモンとかすだちとかを搾っていただきます!
皮は塩がきいてますけど、身はそんなでもないので、周りの塩を少しつけたり香り付けにほんのちょっとお醤油を垂らしていただいてくださいませ。
これがね。身はふわふわで、すんげえ美味しいよ。
塩焼きだとどうしても身が固くなるんだけど、これは煮付けのように身がふんわりしてて、しかも旨みは逃げてないの。見た目が派手なので、おもてなしにもよろしいですよん。

というわけで、お母さん。FAXは送りませんがよろしく(笑)。
[PR]
by maunya | 2008-11-04 21:10 | お料理&お食事