リウマチと猫と本の山に翻弄されるまうの日々。7歳年上ののり君と、2000年4月生まれの静(しず)さま&2006年4月生まれのサリオンと同居中です。


by maunya
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

疲れちゃった・・・。

こっそり更新(今も仕事してるふり。時間外だからいいんだけどさ)のおかげでこのブログから愚痴がへった気がする。
だけど、今日は愚痴じゃ、愚痴やっちゅうねん。というわけでリウマチじゃない方にはちょっと意味が分からない垂れ流し愚痴になると思うから遠慮無く飛ばし読みしてくだされ(笑)。

他の人のHPやブログでわかってはいたつもりだけど、リウマチは誤解の多い病気だ。本人の痛さは他の人には解りづらいし、ちょっと疲れると微熱が出ることなんかは「なまけてる」ように見えるのかもしれない。でもさあ、あんまり職場で今まで通りの働き方を期待されるとどうしていいのかわからなくなってしまう。

c0043315_17363191.jpg毎日胃が痛くなるほど鎮痛剤を飲んでも、痛いものは痛い。5月20日頃にあまりに足が痛むのでレントゲンと検査を追加したら、やはり足首の骨の隙間が少し減っていた。とはいえMMP-3は正常値だし、先生は「年齢的に妊娠の可能性のある人にリウマトレックスを積極的に使いたくはないし、第一この程度で使ってたらきりがない」との判断。たしかに痛みはあっても検査結果は良いし、関節破壊が進んでるわけでもない。私も特に異論はないので座薬を追加(20数年ぶりだ)。湿布は両手首・足首・肘とべたべた貼りまくり。指はステロイド入りの塗り湿布塗りまくり。それでもなかなか痛みが治まらない。
うちの上司は悪気はないとは思うが、他人も自分と同じぐらい丈夫だと思ってるフシがある(約2名)。先日退職したHさん(脳梗塞後手足のしびれがあったりで勤務したくなくなったらしい)の机を片づけてたら未使用のモビラート軟膏が出てきたので
「あ、私もらっとく」
と受け取ったら
「もらっとくって、H君みたいに『足がしびれた、痛い』とかいって休まんといてくれや~」
だと。足も手も痛いし、走ることも出来ないというのによ。微熱だってしょっちゅうだ。病気だということは伝えてあるのに。
私も悪いのはわかっている。こんなとこでグチグチ言ってるならちゃんと話合いを持つべきだとは思う。なのに今日も意地になって7時半からの会議にでるのだ(月曜に休んだら上司に勝手に決められた。『僕が代わりにでても良いけどねえ』って言われてもなあ。私の担当の仕事だしよ)。

どんどん仕事に意欲を失ってるのが自分でわかって怖い。しかも疲れてるのにここのところ1時過ぎまで起きてるしさ。6月は忙しくなりそうだし、すでに日曜出勤2回は確定。明日はごろごろして少し回復しなくては。

話は変わって先週の他言無用LIVE、やはり「高貴な方」ネタはよかった・・・。しかも前回より全体のネタもよかった。石破ネタがなかったのはちょっと残念だったけど。c0043315_17373983.jpg
客席に高石ともや氏がいて(って私はまったくわかんなかったんだけど)、のり君はずっと
「まさか、本人?」
と思ってたらしい。御本人でした。宵々山コンサートで石倉さんと共演するからだったんですね。
[PR]
by maunya | 2005-06-04 17:26 | リウマチ