リウマチと猫と本の山に翻弄されるまうの日々。7歳年上ののり君と、2000年4月生まれの静(しず)さま&2006年4月生まれのサリオンと同居中です。


by maunya
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

杖を購入

A先生に知れたら怒られそうなんですが、杖を購入いたしました。
2ちゃんねるのリウマチスレで「すごく楽!」と盛り上がってたもので。
いや、軟骨破壊もないし、とは思うのだけど足首が痛いときはきっと楽だと思うの。
遠出するときはいいよね。明後日京都に行こうと思うんで買っちゃいました。
折り畳み式で3800円。でも商店街でチャリンコ降りて物色してたら
「どなたのですか?」
って聞かれちゃった。そりゃね、チャリンコに乗った若者が使うとは思うまい(笑)。
薬変えてもらったら不要になるかもしれないんだけどね。
薬と言えば今回はアラバの副作用が新聞に。これも前から言われてた話で「いまさら」って感じなんだけど。アザルフィジンは死亡例聞いたことないんだけどな。でてないだけ?c0043315_2391964.jpg

昨日読んだ「<私>の愛国心」は面白かった。他者への寛容性の欠如や想像力の欠如ということは常日頃感じていたけれど、個人だけでなく国家に対しても精神分析的アプローチで解説されるととてもわかりやすい。
「相手をバカにしなければ自分がバカにされる、負け組になってしまう」
という構図はいじめとまったくいっしょなんだよね。大人がこんなことしてて、子どものいじめがなくなるわけないっての。

今日、「ロザリーン・ヤング はじめての告白」を探し求めたのだけれど、わたくしの住むT市にはろくな本屋がございません。結局はアマゾンで注文。やはり危険なアマゾン。ついつい愛する姜教授の本をクリックしまくり。結局全部で5冊頼んじゃった。来週が楽しみ、でも請求書は怖いのん。
[PR]
by maunya | 2005-02-25 23:09 | リウマチ