リウマチと猫と本の山に翻弄されるまうの日々。7歳年上ののり君と、2000年4月生まれの静(しず)さま&2006年4月生まれのサリオンと同居中です。


by maunya
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

痛いよう。

そんなこんなで結局本日A先生の病院へ。
なんか結局こうなるなら昨日我慢しとけば良かったんじゃ・・・。
だってまたレントゲン撮ったしさあ(当たり前だ)。
昨日の簡単な固定じゃあまりに日常生活不便だったので、
「もうギブスしてくださいよ」
と泣きついたけど、
「でも足裏だけ固定の方が治るけど。一緒だと思うよ」
とのことで、やり方そのものは一緒なんだけど、今は色々あるんですね。
プラスティックの様なメッシュの板をちょきちょき切って、熱湯かけると布状になるんですよ。
それを足の裏にぺたっと貼り付けてしばらく待つと、足裏フィットのギブスになるんですねえ。
で、包帯ぐるぐる巻いて、
「一週間後までこのままでね!」
だって。今日見たレントゲンは、明らかに骨がずれてました・・・・そりゃ痛いよなあ。
それにしても。渡しておいた診断書と私の足を見た瞬間のA先生の言葉。
「うわ、かなわんなあ(しかも苦笑混じり)」
それはこっちのセリフだ!
「仕事でチャリに乗ったりしても大丈夫ですかね?」
と聞いても
「・・・・まあ、かかとで歩いたら痛くないとは思うけど」
って、チャリでかかとのみ使用は無理だろう。
土曜日どうするか(つか、なにを着るか)悩ましいところですが、さっき試してみたら包帯を少な目に巻いたら、サンダルよりむしろ下駄の方が歩きやすいかも。親指の方に体重をかけるから、小指にかかる負担は少ないような・・・。
左足全体がはれぼったいし、なんだか熱っぽいのでしんどいです・・・。

なんだかこういう時に限って、いつも会う訳じゃない人に多々会います。
そんで、聞かれてないのについGとの死闘を話してしまうわたくし。
思わぬところで
「ああ、あたしって関西人よね・・・・」
って自覚した。
みんな私を笑ってくれよ!ははは・・・。
[PR]
by maunya | 2008-08-20 22:57