リウマチと猫と本の山に翻弄されるまうの日々。7歳年上ののり君と、2000年4月生まれの静(しず)さま&2006年4月生まれのサリオンと同居中です。


by maunya
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

まるで同窓会のような。

土曜日は、のり君と一緒に心斎橋のライブハウス・ドロップへ。
前にもどっかで書いたかもだけど、お友達の花ちゃんのウェディング・パーティーでした。
そこでええかっこしいのわたくし。この情けない骨折を如何に隠すか考えましたよ。
色々試した結果、下駄が一番らくちん。なので、着物にしました。
ものごっつごりごりのHMとかHRの人ばっかりだけど、最近夜叉にも着物でいってるからまあ良しとして、足袋がなあ。でも、レースの可愛いタビックスなら履けましたのよ、これが。
黒いレースなので、一見わかんないし。

てなわけで、行って来ました。6時から12時までごりごりの爆音で(笑)。
懐かしい人にもいっぱい会えました(色々考えて一部伏せ字・笑)。
もとR・CのS君とか(まるで変わってなくてびっくり。相変わらずすげー可愛いんだから)、そこのローディーだったI君とか。Yちゃんとか(←20㌔増量。おかげで私の増量に突っ込まれず幸い)。元キ×ラのMちゃんは、1歳の男の子とダーリン同伴。お母さんがでかいと子どももでかかった。同じくキ×ラのNちゃんは、相変わらずセクシー。来年お母ちゃんになるそうです。
元スト×ーキ×グのOさんは、メインゲスト(というか新郎のバンドだし)なのに、極度の緊張状態。
しかし「Can You Celebrate?」はすっごく良かった。まさかあんなメンツであの曲をやるとは思わなかった(笑)。

そんで一番びっくりしたのがのり君。途中からどこ行ったかわかんないから探してたけど、トリのバンド、ス×リー×ングが始まったので、諦めてホールに・・・そしたらなんと。
最後の曲で突然のり君が出てきた(笑)。なんか、驚きつつもとっさに携帯を構えるわたくし。
でも、うまくとれないよね・・・・モザイクかけなくても大丈夫なぐらい(笑)。
c0043315_22495560.jpg

なんか、突然言われたから歌詞覚えなきゃ、とか、ちゃんと歌わなきゃ、とか思って楽屋でぶつぶつやってたらしいです。変なとこ真面目ね(笑)。
終わった時点ですでに電車はなかったので、何となくだらだらとカラオケ大会に突入したステージを見つつ(これも凄かった。誰がHMばかりなのに『あずさ2号』とか完璧なハモリの『チャンピオン』が聞けると思うよ?)、うとうとし始めたのり君を見守りつつ、いつ帰るかな~と思ってると。
Yちゃんが
「俺、そろそろ帰るけど」
って言うじゃないですか。
「タクシー?」
「いや、車。」
・・・・ってことは。心斎橋→うち→Yちゃんちじゃない?
「乗せてもらっても・・・いい?」
「いや、その人起こせるならいいけど」
ってことで文字通りのり君叩き起こしましたよ!
おかげでタクシー代浮きました、ほんまにすいません。なのに何のお礼もしてないので、申し訳ない。もしここを見てたらのり君の店に行ってヤツのおごりでビール飲んで構いませんから、ええ(笑)。

家に着いて
「なんか腹減った」
というのり君にその辺の豆腐を卵でとじて与え、寝たのが朝の4時(笑)。
なのにあんまり楽しかったので8時半に目が覚めました(仮面ライダーには間に合わなかった・・・)。いや、やはりその後力つきて昼寝はしましたけど。
メルアド交換とかもしなかったから、夜叉の人以外にはもしかしたらもう会えないかも、なんだけど・・・。なんだかすごく楽しかった。10年以上たってるのに、会わなかった分、逆にその時の気持ちに戻れたのかもしれないんだけど。

ただ、元スト×ーキ×グのS君が、のり君が連絡するまで知らなかったってのは・・・・あまりに不憫だなあと(どうせ博多にいるから来れないよね~と勝手に思ってたらしい・笑)。そしてそんな不憫な感じがヤツにはこの上なく似合うなあと、思ったのでした。
[PR]
by maunya | 2008-08-25 23:05 | おでかけ