リウマチと猫と本の山に翻弄されるまうの日々。7歳年上ののり君と、2000年4月生まれの静(しず)さま&2006年4月生まれのサリオンと同居中です。


by maunya
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2005年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧

四国初上陸・その3

さて、阿波踊りは徳島市内だけではありません。c0043315_022554.jpg
他の町でも少しずつ日程をずらしてやってます。ので、14日はのり君の町の駅前商店街で阿波踊りを楽しむことに。
c0043315_0242633.jpg一応ゆかたは持参していたけれど、お母さんが「私のでよかったら・・・」とだしてくださったゆかたの方が格段に上質で粋。なのでありがたくお借りしました(というかもらって帰った)。のり君もお父さんのゆかたをゲット。

しかし前日の夜は誰とも会わなかった商店街が今日は人だらけ、出店だらけです。
どっから湧いてきたんだ、いったい。
c0043315_0154116.jpg市内に比べるとこぢんまりとしてる分、とても近くで踊りが見られます。雨が降ったりやんだりしてたんだけどアーケードもあるし、なかなか快適です。さすがに踊りは市内の連の方がレベルが高いんだけど、ちっちゃい子が道ばたから乱入したりしていい感じだ。
エイサーもそうだけど、多分踊ってる姿を見て錯覚で恋に落ちる人も多いことでしょう。
この日は初日だったのでこぢんまりと終了(と言っても2時間は見てたな)。最終日には市内の連もやって来てすごいらしい。やはり踊り足りない人々は駅前で踊り続けていた。

家に戻るとお父さんが「鮎雑炊」を作ってくれてました。もう何匹鮎を食べたかわかりません。てゆうか何匹でもいけるぞ。c0043315_016654.jpg
「鮎雑炊」は小ぶりな(大阪では小ぶりではないサイズだけどさ)鮎を焼いてほぐした身と、地芋(海老芋みたいな大きい芋)、青菜が入ってます。味噌味でとっても美味しかったです。
[PR]
by maunya | 2005-08-26 00:16

四国初上陸・その2

のり君の実家は2両編成の汽車(四国は電化してません)に揺られて、30分ほどです。
2両編成にびびってたら
「昼間は1両もある」
とのことで。しかし、想像してたほどの田舎でもないし、駅前には商店街・・・いや、まだ8時なのに暗すぎないか?
とにかく、商店街を抜けて駅から10分足らずに11年ぶりの実家はありました。
初対面でナーバスになってた私ですが、
●11年ぶりの息子
●初めて見た嫁(つまりは余所の娘)
親としては息子と話したいに決まってるじゃあないすか(その証拠といっちゃあなんだが、私の家族構成も年令もご両親はよくわかってないと思う)。
なんだ、楽勝じゃねえか、3日のりきればOKさ。
ということで、お父さんと3人で寿司屋へ(お母さんはお疲れでしたので)。c0043315_2313387.jpg
海から近くはないんだけど、魚はとてもおいしい。すだちチューハイも生のすだちを絞ってるので変な甘さもなく、何杯でもいけそうだ・・・って言っても飲み過ぎるわけには。
遠慮しながら食べたので酒も肴もなんだか不完全燃焼・・・。
しかし、おうちでお父さんが鮎を焼いてくださった。当然天然物です。でかいでしょ。

さて、翌日は久し振りの故郷を探索(私は初めての町だが)。前夜商店街が妙に暗かったのは「国道沿いに店が軒並み移動した」ためだと判明。しかしシャッター通りのままあの土地はどうするんでしょうか。国道には「洋服の青山」「マクドナルド」「セガミ薬局」「TSUTAYA」などなど。堺とか東大阪にちょっと似てます。
お墓参りをしてからぶらぶらと家に戻り、近所のラーメンを出前(徳島ラーメンのサイトに出てたそうで)。前々から「絶対あそこのラーメンはうまいから!」とのり君が言ってたとおり、猫舌&ラーメン嫌いの私が完食でした。
[PR]
by maunya | 2005-08-23 22:47
13日~15日までのり君の故郷、徳島県某市に行ってまいりました。
静さまは私の実家でお留守番です(次郎がいるため座敷牢状態でしたけど)。
徳島駅までは神戸からバスで2時間弱。行き帰り共に渋滞もなく楽ちんな旅でした。
あっちのご両親にはリウマチは内緒なのでダラダラしづらかったけど(笑)。
なんせのり君も11年ぶりの帰郷です(なんせまだ大阪ー徳島のフェリーがあると思っていた)。知らないところに行くも同然だ。

さあ、徳島と言えば阿波踊りです、スダチです、鮎です!それ以外思い浮かびません!
というわけですべて堪能してまいりました。
c0043315_1555679.jpg
13日は夕方に徳島駅着。まずは駅前のそごうに行ってみました。
そごう2階入り口前の広場で初の阿波踊りを見学。
・・・すると、じゃんがじゃんが鳴らしながらそのままそごうの中へ入って行くじゃありませんか。c0043315_15562642.jpg

見物客がぞろぞろと後をついていきます。シャネルの横でも踊ります。まるでハーメルンの笛吹です。ちょっと怖いです。c0043315_1556486.jpg





呆然と見送り、街に出てみます。大通りはすでに見物客でごった返しているので川をながめつつ商店街へ。大阪より道はゆったりしてるし、商店街の裏通りには若者向けのセレクトショップやなぜかジェラート屋を多数発見。今徳島で流行っているのでしょうか。大阪で言うと南堀江辺りの雰囲気です。
c0043315_15571372.jpg商店街のおもちゃ屋がインポートのおしゃれおもちゃ屋に変身していてのり君はショックを受けていました。しばらく商店街をぶらついているとどこからともなく鐘や太鼓を鳴らす音が聞こえてきます。気付くとあっちにもこっちにも待ちきれずに踊り狂う連の人々が!(※ウォーミングアップも兼ねてるそうです)。c0043315_15564445.jpg


桟敷席でゆっくり見るのもいいんだろうけど、私はウロウロする方をお勧めします。足はちょっと疲れるけどね。今回は2日とものり君の実家に泊めて頂くので、残念ながら7時には駅へ。今度は夜中まで見ようっと。
[PR]
by maunya | 2005-08-21 15:49

病院だって、営業。

お盆前なので、リハビリ&お薬をもらいに病院へ。
アザルフィジンだけでいいいかな~と思ってたんだけど、
「湿布と鎮痛剤はいいですか?」
と、可愛い看護師さんが聞くものだからついつい
「そうですね~湿布とロキソニンはもらっとくかな」
ともらっときました。営業上手なんだからさ。お代は2180円でした。
すでに医療費は8万円を軽く超えているけど、なんとかならんかね。
湿布はこの前紫外線でかぶれてしまったので、ミルタックス&モーラスからセルタッチに変更。
セルタッチはかぶれないし匂いも少なくっていいんだけど、うっかり上着を脱ぐと湿布だらけで知らない人をびびらせてしまうのね。
まあ、湿布のおかげですこーし鎮痛剤を減らせてるからいいのかな。
他のリウマチャーの方みたいに「痛くて目が覚めた」なんてことはないし、このまま鎮痛剤を卒業できればいいんだけどね~。

そういえばリウマチの初期症状に「寝汗をかく」があったんだけれど、最近自分でもちょっとびびc0043315_23384568.jpgるぐらいに寝汗をかいてる。クーラー無しで扇風機だけで寝てるせいかとも思ったんだけど、横で寝てたのり君が「うお、布団がしけってるぞ!」と言うぐらいだから、ちょっとひどいかも。
単に汗っかきだからでしょうかね。寝る前に髪を洗えなくって(だって、朝までに汗で髪もしけってるんだよ)困ってしまうわ。クーラー効き過ぎると今度は関節痛むしなあ。
[PR]
by maunya | 2005-08-10 23:39 | リウマチ
今日の読了は「ひびわれた仮面」。文京区音羽地区での幼女殺人事件の本でした。c0043315_23223590.jpg
ブックオフには意外とこの手の本が揃っているのだ。
私は1人でホラー映画も見れない(見たくないしさ)女だけれど、何故か猟奇殺人の本はたくさんあるんだよなあ。んで、読んだ日は電気つけっぱなしで夜勤明けののり君に怒られるんだが。
でもね。酒鬼薔薇事件の本はないんだよ。今気付いたけど。当時近所に住んでたので身近すc0043315_23225715.jpgぎるんだろうな。人の心理に興味はあるけど親しい人を作るのは苦手。人間とは不思議なものです。

そういえば「箪笥」のDVDをわざわざのり君が友達から借りてきてくれたけど、1人では怖くて未だ見てません。この間箪笥買ったとこだしなあ。どうしましょう。見たいんだけど、怖いよう。こういうのって勢いだもんな。

ところで今日、今月の「ねこのきもち」が付録(チューチュースティック)付きで届いたので静さまc0043315_23233688.jpgを遊ばせました。じきにセクシーな寝姿(笑)を披露してくださることでしょう。でもこれ、片づけとかないとまた夜中に「遊んでくれろ」って持ってくるんよな。わがままなんだからさ。
いやー、今「ねこのきもち」を検索してたらめっちゃ可愛いブログを見つけてしまった。
静さまは拾ったとき500グラムだったんだけど、100グラム台から子猫を育て上げるなんてすごいよ!!手放すのつらかったでしょうね~。


うーん、しかし手首が痛いぞ。ここ数日またしてもリウマチさんの機嫌がよろしくない。
先週「すごく具合がいいんですよ!」と先生に威張ったけれど、あっさりと
「次は台風やなあ」
と返されてしまった。鎮痛剤はできるだけ減らしてるけど、どうやら何回かアザルフィジンも飲み忘れてるみたいだ(残り方がおかしいんだよね)。しょっちゅう気にしてるよりはいいのかもな。ちょっとリウマチにも慣れてきたって事か。
・・・でもね、あちこち痛くなって「ああ、やっぱり鎮痛剤いるか」と思うんだよな。夏は湿布も目立つしね。今最大の問題は今週末の旅行に、ミュールORサンダルがはけるのかってことよ。
可愛くてなおかつ足が痛くない靴ってなかなかないよね(特にお手軽価格のものは!)。
[PR]
by maunya | 2005-08-08 23:19 | books

えびたろう、死す。

一昨日、私の住む町は日本一暑かったそうです。38度超えてたそうで。
なんで大阪はこんなに暑いですかねえ。なるべくクーラー使わないようにしてますけど限界ですわ。だからかもしれませんが、今朝えびたろう(カブトエビ)がおなくなりになってました。かわいそうに、暑かったんだねえ。

さてさて、8月と言えば例年戦争特集が組まれるのだけれど、私すぐ泣くものですから、未だに「ホタルの墓」も見てません。出勤前に広島の慰霊祭は見ましたが、またしても首相の棒読みメッセージにはむかつくし(市長さんのはよかったのにねえ)。会場の拍手も小さかったのよね。
「そうはいっても首相が来ることに意味があるんじゃないの~」
と言ってたのり君も、一緒に見てて
「これはひどいわな~」
と言ってました。大人げないよ、一応首相なんだからさあ。

c0043315_12211696.jpgで、改憲論議なんかもいろいろでてくるイヤな世の中なんだけど、平和のために頑張ってる人もいっぱいいます。「戦争と平和 愛のメッセージ」(美輪明宏・岩波書店)「憲法を変えて戦争へ行こうという世の中にしないための18人の発言」(岩波ブックレット)「夕凪の街 桜の国」(こうの史代・双葉社)などなど。特に美輪さんの言葉はストレートでわかりやすい。「戦争とは、あなたの愛する人が 死ぬ ということです」これにつきると思うんだけどな。どれも薄い本だから、お勧めです。

ああ、しかし暑いよう。今からローソンに行くのもためらってしまうぞ。c0043315_12101512.jpgとりあえずこの散らかった部屋を何とかしなくては。
静さまは最近、暑くってだれだれです。警戒心なさすぎ(笑)
[PR]
by maunya | 2005-08-07 12:10 | books