リウマチと猫と本の山に翻弄されるまうの日々。7歳年上ののり君と、2000年4月生まれの静(しず)さま&2006年4月生まれのサリオンと同居中です。


by maunya
カレンダー

<   2006年 04月 ( 14 )   > この月の画像一覧

内弁慶女王様(笑)

旅行中静さまの世話をしていただくシッターさんが、今日打ち合わせに来てくださいました。
帰宅後必死で掃除をしたので今ちょっとぐったり~。
しかし、和室に何もかも放り込んだので、これは片づけたとは言わない(笑)。
和室はえらいことになっております。

シッターさんは優しそうなおばちゃんだったんだけど、静さまはテーブルの下でう~う~威嚇しっぱなし。遊んでもらうのはとても無理そうだな。
GW中はやっぱりシッターさん予約がいっぱいらしくって、
「猫ちゃんだと多いときは20軒ぐらいまわりますよ。犬のお散歩があるとそこまではとても無理ですけど・・・」
とおっしゃってました。静は威嚇するだけで別に飛びかかったりしないんだけど、
「10KGある猫ちゃんで飛びかかって来るコがいるんですよ~」
だって。それはちょっとイヤだ・・・。
1日2000円なので、ペットホテルより随分安い。しかも静にストレスもかからないし(まあ、知らない人がやって来るぐらいはいいだろ)、人に鍵を預けるのを割り切っちゃえば、結構便利。
というわけで、静さまお留守番頑張ってね~。
c0043315_21342562.jpg

[PR]
by maunya | 2006-04-28 21:34 | ねこ

へへへ。

今朝起きたら目が腫れてた(笑)。
夜勤明けののり君が
「おお、予想はしてたけどあんた目が真っ赤やで」
だと。しかし、引きずるのはちびすけの為にも良くないですからこれで終わりにしましょう。
静の後に保護したのはこれで3匹目。まだらちゃん(里子に行って「ハッピーちゃん」と名付けられました)はべたべたに甘やかしてもらって半年、ウリクルちゃんは2日、ちびすけは4日間という短い命でしたが、どの子も私にとっては大切な子です。
でも・・・猫神様、今度はもちょっと長くウチにいてくれる子がいいです、はい。


ワクチンを接種したので1週間ぐらいはいつもより大人しくさせといてね、とJ先生に言われた静さまですが、元気すぎです
さっきからおもちゃ(紙くずを丸めたものがウチ中に転がってる)を持ってきては私に無視されるのでイライラしてるのが見ててわかります。
今日GW旅行のチケットをもらいにJTBに行って来ましたが、シッターさんを頼むとはいえ、人見知りの激しい静さまが留守中なにをやらかしてくれるのかちょっと不安です。4日間の内、中2日だけ来てもらうつもりだけど大丈夫かしら・・・?
c0043315_0453964.jpg

[PR]
by maunya | 2006-04-26 00:42 | ねこ
残念ながら、ちびすけは7時30分頃、短い一生を終えました。
コメントで励ましてくださったいぬまるさん、フガYさん、元同居人T、そしてメールでアドバイスと励ましをいただいたみなさんにも、お礼申し上げます。

7時過ぎに静を連れて病院に行って、白血病のワクチン接種をしてもらいました。
そしてちびすけを連れて帰る段取りだったのですが、便が出ないので、先生がお腹を触って便を出してくれました。先生もそう思われたみたいですが、私も
「便に血が混じってるからもしかして・・・」
とは思いました。やはり内臓にも損傷があったようです。
先生が
「食欲があるので油断してました。内臓も事故の時おそらくやられてます。今日はこちらでお預かりします。ちょっと、無理かもしれません」
とおっしゃってケージに戻した数分後、急変してなくなりました。
保護したときよりお腹がかなりふくらんでいたので、少しずつ悪化していたのだと思います。
「もっと早く開腹していたら、その時点でダメだったかもしれないけど(かなり痩せていたし、おそらくその時死んでいたと私も思います)、ハッキリわかったかもしれない。僕もちょっと楽観してました。申し訳ない」
と先生は謝ってくださいましたけど、最期にご飯を一杯食べさせてあげることだけはできました。あのまま連れ帰っていたら家で急変して、私もパニックになっていただろうと思います。
ちびすけを見る前にレントゲンを見て、白血病をすでに発症していること、手術にはおそらく耐えられないだろうということもお聞きしていました。想像以上にリスクの高い子でした。

ちびすけにとって何がベストだったのかはわからないけれど、たとえ私の自己満足にしかすぎなくても、今はあのまま死なせるよりは良かったと思うしかありません。
このブログを見てくださってる方は、動物好きの方が多いと思われるので、なんだか辛い気持ちにさせてしまったかもしれませんよね。ごめんなさい。
すっかりウチの子にする覚悟だったので、組上がったケージと、ちびすけ用の一度も使わなかったトイレと食器がすぐそこにあって、今は片づける気にもなれません。
J先生の患者さんで里親を捜してる方がいらっしゃるのでもしかしたら紹介していただくかもしれません。もともと旅行から帰って来たらもう1匹里子をもらうつもりだったのですけれど、その前にこんな試練があるとは思いませんでした。それでも、ちびすけに会えて良かったと思います。
一緒にいたのはほんの数時間だったけど、ほんとに可愛い子でした。
今は、痛くも苦しくもないところで元気に走って遊んでくれていることを祈ります。
[PR]
by maunya | 2006-04-24 21:07 | ねこ

しばらく外食禁止。

なぜならお金が飛んでゆくから~。

午前中獣医さんに電話をして、これからのことを相談。
月曜日に静さまを連れて病院に行き、白血病ウイルスのワクチンをしてもらい、静さまとちびすけをおうちに連れて帰ります。骨折の治療は月曜日に相談することになりそうです。ちびすけご飯はパクパク食べているのにトイレはまだしてないのでうまくトイレができるのかまだわかりません。しかし、骨折してから少し時間がたっている様子なのにお尻はきれいだったし、おしっこ臭くもなかったので、ちゃんとできるんじゃないかな?

今日も仕事でしたので、帰りにホームセンターのペット館に寄ってケージを注文してきました。c0043315_20411480.jpg
こんな感じのやつです。
猫用ケージは2段式のものしかなかったので、犬用のサークルにオプションの屋根を付けて、しめて6580円。10000円以上は無料配達なので、ついでに猫砂とフードも買いました。ちびすけは上にのぼれないからね。ダイニングに設置しようと思うので(静さまが過剰反応した場合には引き戸を閉めて隔離します)、今から片づけなくては(泣)。

さて、ちびすけの名前はまだ決まりません。今までに出たのは
「サリオン」「ラインハルト」など。ま、わたしらオタク夫婦なもので。しかしラインハルトは短命で縁起が悪いし、何よりまだのり君がちびすけの顔を直接見てないので、多分火曜日まで保留になりそうです。今回も和風で行くかな?

静さまにとっては「どうでもいいやっ」って感じですかね?
c0043315_20413615.jpg

[PR]
by maunya | 2006-04-22 20:28 | ねこ
え~、数時間前に子猫を保護いたしました。
小学生男子3人が子猫をかこんでいたところに出くわしてしまいましてね。
「この子足怪我してるねん」
「でも、うち飼われへん」
などと口々に言うからつい・・・連れ帰っちゃったんだよ!
速攻、J動物病院に連れて行くと、右後ろ足股関節の骨折。足はぶらぶらですが、外傷は特になし。血も出てません。そして神経は大丈夫なので手術すれば歩けますよ、とのこと。推定5~6ヶ月(1.7キロ)の男の子です。大丈夫じゃないのはウチの家計。
猫エイズ、白血病は陰性ということでとりあえず月曜日までは病院で預かってもらい、レントゲンをとって治療方針を決めてもらうことになったんですが・・。
帰宅後J先生からお電話が。
「残念だけれど、白血病その後陽性が出ました(時間が経ってでることもあるそうで)。静ちゃんワクチン接種しないといけないですね(もう、うちで飼うこと前提になってるし)」
「はあ・・・陽性だとどうなんでしょう?」
「5ヶ月で陽性だから、3年ぐらいしか生きられないかもしれません。でも、とても人なつっこくてかわいい、いい猫だと思いますよ(ああ、静の100万倍ひとなつっこいし)」
「3年・・・看病は大変ですか(もう私も飼うこと前提だし)」
「いえ、そんなことはないです。とりあえず月曜日までよく考えてください」

考えてって言われても・・・しかたないじゃないか、私が拾ってしまったんだからさ。
とにかく母に電話をしてみました。
「まあ・・・仕方ないじゃないの、あんたが拾ったんだから。意外と悩むのねえ」
と、さすがエイズの猫の点滴に毎日通院した人のお言葉ですわ。
「あとは、先生にいくらまけてもらえるか交渉しなさい。」
ですと。いくらかかるんでしょうか。とりあえず月曜日には15000円持って行かなくてはなりません(それでもレントゲン代も預かり代も大幅にまけてもらってるけどさ)。
どちらにしても静はワクチン接種しないとだし、ケージも買って、新入り君にはしばらくはケージ暮らしをしてもらわないといけないでしょう。
あ~あ、白血病陰性ならこんなにうじうじ悩まないのにな~。骨折だけならお金の心配だけですむのにね。ま、長生きする子や陰性に変わる子もいるらしいので、月曜日にJ先生に対策を相談しようと思います。しかし・・・GWの旅行中はどうするべきか、J先生のところで預かってもらえるのかどうかも謎なんですけど。シッターさんで対応できるのでしょうか。
あああ、いつも通らない道を通ったがためにこんなことに。しかし、これもまた運命。
多分こいつと私は出会う運命だったんでしょう。
さすがに今日は動揺しています。
c0043315_21255158.jpg

この写真より実際はもっと子猫っぽいんだけどね。
で、のり君のご意見。
「そんなにお金かかるんなら、里子に出さずにウチで飼えばいいやんか。3年しか生きられないかもしれないけど、そのつもりでいっぱい可愛がってあげればいいし。それでもっと長生きしたらラッキーでしょ?」
はあ~。こんな夫で助かりました。


 
[PR]
by maunya | 2006-04-21 20:38 | ねこ

世代を越えて。

いや。たいしたことではないんだけどね。
何日か前に職場のKさんに「占星術殺人事件」を貸したんだけど、
「忙しくて(何か、積ん読がたまっているらしい)読めない~」
とおっしゃる。すると居合わせたお客さん(60代後半、女性)
が、
「あ、じゃあ私借りてもいいかな?」
とお持ち帰りになり・・・2日後に
「面白くって止まらなかった~、他にもあるの?」
と返しに来られました。
「いいでしょ~、御手洗もいいけど石岡君もかわいいでしょ♥」
って言ったら
「ま~、あちこち無駄に走り回って可哀想にね~、間抜けで可愛いわね」
とおっしゃる。今日、「異邦の騎士」をお渡ししました。
「二人が出会った事件のもありますよ、どうですか」
「貸して♥」
と即答でしたので(笑)。
ま、私のように腐りきった目では読んでないでしょうが(笑)。

と言うわけで、腐りきったわたくしの目にはこんな看板も憎いの。
c0043315_0111055.jpg

毎日通勤途上で見かけるこの喫茶店。いつか入ってやろうと思っています。
さあ、今日からは吉敷シリーズに突入しますよ。
[PR]
by maunya | 2006-04-20 23:55 | 島田荘司

左手まじやばい

あ~、調子にのってしばらく夜更かししすぎました。c0043315_2244527.jpg
左手の親指が明らかに腫れてます(笑)。
ほかの関節もやや腫れ気味。
今日はせめて1時までには・・・寝られるだろうか(笑)。

さて、東京ツアーもラスト。
東京駅舎内の上野精養軒にてお食事です。こちらは吉敷竹史がよくハヤシライスを食べに来る、というお店。仕事帰りのおじさんたちのなかでわたくしたち、浮いておりました(関西弁やし)。
c0043315_22464136.jpg何故かわたくしはレバー炒め定食を食べたんだけど、写真はSが頼んだハヤシライスです。
いかにも懐かしい「洋食屋さん」の味でした。今のお店の写真をみると随分きれいですね。改装したみたいです。

さあ、のんびりしてる暇はないですよ。出雲といっしょにお写真を撮らなくては!
・・・って何故か、出雲のマークと一緒に撮った写真はない・・・なーなちゃん、覚えてます?
出発時刻ぎりぎりだったからかしら。
残念ながら出雲は今年3月末で廃止となりました。時代の流れを感じちゃいますね。
c0043315_2247653.jpg

[PR]
by maunya | 2006-04-18 21:57 | 島田荘司

とうとう・・・

「魔神の遊戯」読み終わっちゃいました。
残るは「摩天楼の怪人」なんですけど・・・20代の御手洗でしょ?当然石岡君なしだしなあ、結構良いお値段なのでもうちょっと待つことにします。
最新作「傘を折る女」も立ち読みしちゃったし(のり君に「そんなに好きなら買えよ、根性無し!」とののしられましたが)、さあ、どれから読み返しますかね(笑)。

東京ツアー、飛鳥山公園の次は浅草、言問橋「マリーナ」、水上バス、東京タワーと続きます。
この辺は前に書いたのでとばして、なーなちゃんの記憶によれば東京タワーからタクシーに乗って
c0043315_224148.jpg「警視庁まで」
って言ったんだよね?(笑)。吉敷竹史さんがお勤めです。
で、警視庁から出てきた男性(まあ、まさか刑事さんではないでしょうけど。事務畑の人だよね?)を捕まえて、
「すいません、写真撮ってください!」
とこれ←をとってもらったのでした。
今だったら恥ずかしくて頼めません(いや、頼むか)。
そして地下鉄桜田門駅へ。今考えるとあの地下鉄サリン事件は、この3ヶ月後でした・・・。
c0043315_2241610.jpg

[PR]
by maunya | 2006-04-16 21:45 | 島田荘司

うにゃあああ!!

昨日午前2時半頃まで焼酎を飲んで(駅前商店街に24時間営業の居酒屋があるのですよ、我が町には)へべれけ~な感じで帰宅いたしました。
早く寝なきゃな~と思いつつもパソコンを立ち上げ何気なくメールボックスを見たら、
なんと、なんと!!
いぬまるさんからトンデモないメールが届いていたのでした!
「4月14日、地元杉並区のホールで姜尚中教授の講演会に行って来ました!」
とおっしゃるではないですかああああ。
しかも、添付ファイル付き・・・・てんぷ・・・・きゃああああ!
なんと、姜教授の生写真!!
「カネボウ・ブランシールの数滴分にでもなれば・・・」
と言う嬉しいいぬまるさんのお言葉。いいえ、ホワイト・コンクルージョン1本ぶんですよ、これは!!
今日、二日酔いで仕事に向かう私の化粧のノリが異常に良かったのは言うまでもございませc0043315_2218055.jpgん。
いぬまるさん、ホントにありがとうございます!しかし500人収容のホールに600数十名・・・・恐るべし、姜教授(笑)。
でも、どうしよう、あの声で1時間も講演・・・あああ、想像しただけで心拍数が(笑)。
ジーンズ姿の姜教授、脚長だったんですって!!
私もこれからまめにチェックします。なんか、たまに関西でも講演あるみたいなんだけど、ことごとく終わってから気付く日々だったのですよ。
とにかく、職場に行ってからもへらへらにやにやしっぱなしでした。とても55才とは思えません~。は、石岡君と同い年だわ。
またしてもKさんに
「ほんとに幸せやなあ」
と呆れられるわたくしなのでした♥
[PR]
by maunya | 2006-04-15 21:58

と言うわけで。

東京ツアーを時系列順に追いたいと思います。
なんせもう年ですからね、思い出せるうちに書いとかないとね。なーなさん、Sさん(ここを見てるかどうかわからないが)、訂正などあったらよろしくお願いしますね。c0043315_23274416.jpg

さて、前日泊まった新宿のホテル(今までの写真見ておわかりのように、前日はTDLに行ってました。袋を持ち歩くなよ)を出てから、新宿西口のバスターミナルへ。
「灰の迷宮」(吉敷シリーズ)、事件の発端となった場所です。
こんなところで何故写真をとるのか。怪しいです。
今思えば美貌のおせんべい屋さん関係もチェックしたかったかも。
右端にちっさく写ってるおじさん(足だけ見えてますね)も、お掃除中だったのでしょうか。噴水の中にはいってます。怪しいです。
c0043315_23281869.jpg
さて、ここから電車に乗ったのですね。何に乗ったか忘れましたけど。おそらく山手線から都電荒川線に乗り換えたと思われます(東京の路線図が全くわかんないんですが)。
そして、王子駅で降りて飛鳥山公園へ。これも吉敷シリーズの「展望塔の殺人」の飛鳥山公園・展望塔へ上る・・・つもりが。なんとこのわずか2ヶ月半前、9月末で閉鎖・取り壊しされていました。
c0043315_23284170.jpg
で、ちょっと嘘泣きしてみたりして。
下の写真の後ろにある土山が展望塔の残骸と思われます。
入れなくても実物を見てみたかったなあ。
ちなみに今思い出そうとしてもまったくこの話が思い出せません。
吉敷シリーズも要復習ですね。
c0043315_2329726.jpg

[PR]
by maunya | 2006-04-13 22:57 | 島田荘司