リウマチと猫と本の山に翻弄されるまうの日々。7歳年上ののり君と、2000年4月生まれの静(しず)さま&2006年4月生まれのサリオンと同居中です。


by maunya
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

まるで同窓会のような。

土曜日は、のり君と一緒に心斎橋のライブハウス・ドロップへ。
前にもどっかで書いたかもだけど、お友達の花ちゃんのウェディング・パーティーでした。
そこでええかっこしいのわたくし。この情けない骨折を如何に隠すか考えましたよ。
色々試した結果、下駄が一番らくちん。なので、着物にしました。
ものごっつごりごりのHMとかHRの人ばっかりだけど、最近夜叉にも着物でいってるからまあ良しとして、足袋がなあ。でも、レースの可愛いタビックスなら履けましたのよ、これが。
黒いレースなので、一見わかんないし。

てなわけで、行って来ました。6時から12時までごりごりの爆音で(笑)。
懐かしい人にもいっぱい会えました(色々考えて一部伏せ字・笑)。
もとR・CのS君とか(まるで変わってなくてびっくり。相変わらずすげー可愛いんだから)、そこのローディーだったI君とか。Yちゃんとか(←20㌔増量。おかげで私の増量に突っ込まれず幸い)。元キ×ラのMちゃんは、1歳の男の子とダーリン同伴。お母さんがでかいと子どももでかかった。同じくキ×ラのNちゃんは、相変わらずセクシー。来年お母ちゃんになるそうです。
元スト×ーキ×グのOさんは、メインゲスト(というか新郎のバンドだし)なのに、極度の緊張状態。
しかし「Can You Celebrate?」はすっごく良かった。まさかあんなメンツであの曲をやるとは思わなかった(笑)。

そんで一番びっくりしたのがのり君。途中からどこ行ったかわかんないから探してたけど、トリのバンド、ス×リー×ングが始まったので、諦めてホールに・・・そしたらなんと。
最後の曲で突然のり君が出てきた(笑)。なんか、驚きつつもとっさに携帯を構えるわたくし。
でも、うまくとれないよね・・・・モザイクかけなくても大丈夫なぐらい(笑)。
c0043315_22495560.jpg

なんか、突然言われたから歌詞覚えなきゃ、とか、ちゃんと歌わなきゃ、とか思って楽屋でぶつぶつやってたらしいです。変なとこ真面目ね(笑)。
終わった時点ですでに電車はなかったので、何となくだらだらとカラオケ大会に突入したステージを見つつ(これも凄かった。誰がHMばかりなのに『あずさ2号』とか完璧なハモリの『チャンピオン』が聞けると思うよ?)、うとうとし始めたのり君を見守りつつ、いつ帰るかな~と思ってると。
Yちゃんが
「俺、そろそろ帰るけど」
って言うじゃないですか。
「タクシー?」
「いや、車。」
・・・・ってことは。心斎橋→うち→Yちゃんちじゃない?
「乗せてもらっても・・・いい?」
「いや、その人起こせるならいいけど」
ってことで文字通りのり君叩き起こしましたよ!
おかげでタクシー代浮きました、ほんまにすいません。なのに何のお礼もしてないので、申し訳ない。もしここを見てたらのり君の店に行ってヤツのおごりでビール飲んで構いませんから、ええ(笑)。

家に着いて
「なんか腹減った」
というのり君にその辺の豆腐を卵でとじて与え、寝たのが朝の4時(笑)。
なのにあんまり楽しかったので8時半に目が覚めました(仮面ライダーには間に合わなかった・・・)。いや、やはりその後力つきて昼寝はしましたけど。
メルアド交換とかもしなかったから、夜叉の人以外にはもしかしたらもう会えないかも、なんだけど・・・。なんだかすごく楽しかった。10年以上たってるのに、会わなかった分、逆にその時の気持ちに戻れたのかもしれないんだけど。

ただ、元スト×ーキ×グのS君が、のり君が連絡するまで知らなかったってのは・・・・あまりに不憫だなあと(どうせ博多にいるから来れないよね~と勝手に思ってたらしい・笑)。そしてそんな不憫な感じがヤツにはこの上なく似合うなあと、思ったのでした。
[PR]
# by maunya | 2008-08-25 23:05 | おでかけ

痛いよう。

そんなこんなで結局本日A先生の病院へ。
なんか結局こうなるなら昨日我慢しとけば良かったんじゃ・・・。
だってまたレントゲン撮ったしさあ(当たり前だ)。
昨日の簡単な固定じゃあまりに日常生活不便だったので、
「もうギブスしてくださいよ」
と泣きついたけど、
「でも足裏だけ固定の方が治るけど。一緒だと思うよ」
とのことで、やり方そのものは一緒なんだけど、今は色々あるんですね。
プラスティックの様なメッシュの板をちょきちょき切って、熱湯かけると布状になるんですよ。
それを足の裏にぺたっと貼り付けてしばらく待つと、足裏フィットのギブスになるんですねえ。
で、包帯ぐるぐる巻いて、
「一週間後までこのままでね!」
だって。今日見たレントゲンは、明らかに骨がずれてました・・・・そりゃ痛いよなあ。
それにしても。渡しておいた診断書と私の足を見た瞬間のA先生の言葉。
「うわ、かなわんなあ(しかも苦笑混じり)」
それはこっちのセリフだ!
「仕事でチャリに乗ったりしても大丈夫ですかね?」
と聞いても
「・・・・まあ、かかとで歩いたら痛くないとは思うけど」
って、チャリでかかとのみ使用は無理だろう。
土曜日どうするか(つか、なにを着るか)悩ましいところですが、さっき試してみたら包帯を少な目に巻いたら、サンダルよりむしろ下駄の方が歩きやすいかも。親指の方に体重をかけるから、小指にかかる負担は少ないような・・・。
左足全体がはれぼったいし、なんだか熱っぽいのでしんどいです・・・。

なんだかこういう時に限って、いつも会う訳じゃない人に多々会います。
そんで、聞かれてないのについGとの死闘を話してしまうわたくし。
思わぬところで
「ああ、あたしって関西人よね・・・・」
って自覚した。
みんな私を笑ってくれよ!ははは・・・。
[PR]
# by maunya | 2008-08-20 22:57

・・・やられてました

今朝起きて湿布をはがしてみたところ、どうも昨夜とは比べものにならないぐらい痛い。
ので、徒歩15分の駅ではなく、徒歩5分のバス停(1時間に1本だけ、職場近くに行くバスがあるのです)から職場に向かいました。前に杖を買ってて助かった。・・・だがしかし。
じっとしていた昨夜とは比べものにならないぐらい痛い。
どうやらこれはまずいんじゃないだろうかしら、とA先生のところに行くと・・・
まだ盆休みだと!
仕方ないので明日まで我慢しようかと思ったんだけど、それも無理な感じで・・・別の整形外科に行ってレントゲン撮ってもらいました。すると。
「あ、折れてますねえ」
とあっさりおっしゃるじゃないですか!
左足小指の付け根が折れてるそうです(わたしはレントゲン見てもよくわからん)。
ギブスは暑いし大げさだから、と足裏に板を当てて固定しただけなんですが・・・。
その後銀行行くにも仕事するにも洒落にならない痛さです。
・・・・どうやらいつも行く医者じゃないからわたくしが説明不足だったようで・・・
じっと座ってられる仕事じゃないんですよ!

今日見てもらった先生には悪いけど、明日も一度A先生のとこ行ってギブスしてもらおうと思います。全治3週間だって、やれやれ。

というわけで、あり得ない色になってる小指(笑)。

見てやろう、という方だけどうぞ。
[PR]
# by maunya | 2008-08-19 17:55

死闘。

先ほどトイレに向かったところ、洗面台(うちは洗面台が真ん中で右がトイレ、左が浴室です)にあがって王子がなにか言っておられる。
「何言ってるん?」
と顔を上げると!上げるとGが!
ちょうど壁のわたくしの目線あたりに!
慌ててスプレー式の洗剤で攻撃したら飛んだのよおおおお!
しゃがんでやりすごし、後方の支援を姫と王子に頼んで素早くコンタクトを装着。
振り返ると数十センチ先にいました。ので、果敢に洗剤で立ち向かい、たった今決着をつけてきました。
・・・が。しゃがむときに左足の薬指と小指があり得ない感じで曲がったみたいで・・・・
折れてはないようですが、激しく痛いです。足首も。ただいま湿布ぐるぐる巻きです。

願わくば、昨夜と同一Gでありますように。
・・・つか、明日は泡式の殺虫剤買ってこよう・・・。
[PR]
# by maunya | 2008-08-18 23:46

Gとの戦い

ご無沙汰いたしております、なんとか生きてます。
今日は色々朝からショッキングなことがありまして。

わたくし、哺乳類、は虫類はほとんどのものが好きなんですよ。ヘビとかトカゲも平気でさわれるし。ただ、虫はあんまり得意じゃなくて。というか、あのGって虫がとりわけだめなんですよ。
まあ、好きな人もいないと思うんですけど。
私の場合は「恐怖症」なんですかねえ。全身こわばっちゃうし、泣くし(いや、これがマジで)。
理性が働かないのはやっぱり恐怖症なんですかねえ。

今の家に越してから3年ちょっとなんですけど、この2週間ほどで、大型のGに4回ほど遭遇しました。で、そのうち2回が今日なんです。
今朝楽しく仮面ライダーを見てたんです。で、CMでお手洗いに立ち、洗面所でついでに歯を磨こうとしたら・・鏡越しに見たのです。壁と天井の境目に奴が!
どうがんばっても届かないので半泣きで夫を呼び、洗剤(猫がいるので殺虫剤はまずいんです・・・)を渡してなんとか退治してもらいました。だがのり君はドS番長。
「始末したよ~」
と言いながら丸めたティッシュを投げつけてきた!
当然泣きわめくわたくし。ま、Gはトイレに流してて、ホントに丸めただけのティッシュだったんだけど・・・2時間以上も立ち直れませんでした。ヤツには軽くDVしておきました。まったく。

んで、先ほど「スゥィーニー・トッド」のDVDを見て、何とか機嫌を直して晩ご飯をつくり、CATVの銀英伝を見ながら和やかに晩酌を終えようとしていたら・・・TV上の壁を今年最大サイズのGが!
「後で退治してやるから気にするな」
と言われたものの、もう何ものどを通らない。台所に避難して何とかしてくれるのを待ちました。
その上アパートの廊下にまで出て、三毛かあさんにちょっかいかけて人差し指をざっくりとやられました。
気づいた静とサリオンも掃討作戦に参加。だがしかし・・・。
弱らせたものの掃討にはいたっておりません。

c0043315_23451935.jpg


ここでサリオンが仕留めきれずにカーテンの裏に落下。
そして、このカーテンの前のスチールラックがまさに、私のPCデスクなんですよ!
というわけで、今わたくしはどんな肝試しより恐怖に耐えながらこの更新を行っております。

しかし、冷静に考えてみるとですね。
どうもGは排水溝経由で我が家にやってきているんですよ。うちのアパートは3軒×3階の建物なんですが、今1階2部屋、2階2部屋(うちの両サイド)が空いてて。この夏までGには遭遇しなかったのですが、今日1階の一部屋引っ越ししてこられたんで・・・バルサンしたからうちにきたのか?
バルサンできない我が家としてはどうすればいいんですかね!ホウ酸団子も猫たちが入らないシンク下ぐらいしか置けないし・・・。
とにかく夜中の出現には姫と王子が対処してくれることを祈るばかりです。前のおうちの時はよく静がなぶり殺してくれてたんだけどな・・・・。
[PR]
# by maunya | 2008-08-17 23:41
ちょっと最近疲れてます。
大阪の夏は暑すぎる。そんなに暑さに弱いほうではないんだけれど、年々厳しくなってるような。

まあ、それはともかく。今週末かなりやばかったんですわ。
実は先月の終わりごろかなあ。リウマチの主治医であるA先生が突然入院されまして。
当初噂で聞いたところ、一週間ぐらいで復帰される・・・ということだったので、
「ま、それぐらいなら薬もあるしな」
と楽観してたんだけど・・。
なんか入院がのびちゃったらしくて、ですね。診療再開は来週になるって張り紙が!
持ってるお薬はぎりぎり水曜日まで。一日2錠のアザルを一錠に減らして、ロキソニンが足りない分は座薬を使ったりしてたんですけど・・・。
やっぱり調子が悪い。
金曜日には右肩や腕が痛いわ、クーラーの冷気がつらくて手袋(日焼け防止用の肘までのやつ)がはずせないわ。
これでは日曜日の仕事もままならないんじゃないの?と慌てちゃったよ。
職場の一階は気心のしれた診療所(内科だけどな)。頼んだら処方箋は書いてもらえるかも・・と久しぶりに行ってきました。
なんかそういう患者多かったみたいで(笑)。
今使ってる薬と症状を説明したら、ちゃんとお薬出してもらえました。よかった~。
「突然の入院だったから仕方ないよね~」
と診療所のN先生。
A先生はすっごくいい先生なんだけど、こういう突発事態には個人病院って大変だよね。
普段意識してなかったけど、一日2錠のアザルフィジンがこんなにありがたいとはね。
阪神大震災のとき、ボランティアで看護師さんと一緒に訪問活動したりしましたけど、あのときの
「この薬がないんです」
という患者さんの訴えがいかに切実だったかを身をもって思い知りました。
今日は休みだったので昼間ほぼ眠って過ごして、なんとか普段程度の体調には回復。
明日はまた仕事で出かけます。夕方からは仕事関係の女友達の飲み会。
大酒飲みが一人いるので、つられて飲み過ぎないように気をつけなくちゃね(笑)。
[PR]
# by maunya | 2008-07-12 23:07 | リウマチ

ロストジェネレーション

遅ればせながら、今日前回の「たかじんのそこまで~」を見ました。
実は↓で書いてた講演会というのは神戸女学院の石川康宏教授のでして、
「今頃『たかじん~』に浅尾くんがでてるんだけど、編集でどうなってるのか心配で」
と言ってらしたので、気になって帰宅後のり君に
「今日のたかじん、見た?」
と聞いたんですよ。
「あ、見た!あの浅尾って人頭いいよねえ。噛み付かない分、現状わかってない三宅と金が馬鹿に見えたよ」
って言ってたのでそうか~と思って。私も見た感想はのり君とほぼ一緒かな(笑)。
浅尾さんのブログはこちらhttp://blog.livedoor.jp/asaodai/
収録後のタクシーの運転手さんとの会話にほろり、と来ましたよ。
今日のり君に「帰りに『ロスジェネ』買ってきてくれ」と頼んでるので、後でも一度念押ししなくては。


73年生まれの私はロスジェネ世代とはいえ、大学でてからほぼ正社員(間に一年ほどフリーターしましたけど)で生きてこられました。のり君は一度も正社員にはなってないですが(笑)。
ほとんど正規雇用で生きてこられたのは何も私が優秀だったとかそういうことは全くなくてですね。一度目の就職は親のコネ。二度めもまあ、コネみたいなもんです。
はっきり申し上げると運が良かっただけですね。二度目に就職する前後には貯金も尽きてきて、
「この先どうやって生きていったらいいんだろう・・・」
と途方にくれました。学歴はあっても実用性のあるものじゃなかったし、何がしたいのかも全くわからなかったし、資格もなかったし、資格取りに行くとその間の生活費はないし。
実は前職を辞めた後(正確には辞めさせられた。職安も認めてくれました)、同じ業界内でいくらでも仕事はありました。ただし、派遣のみ。思えばあの頃から非正規雇用って増えてたんだよねえ、と今更気づきます。
上の世代が言う「努力が足りない」には鼻でもほじりたくなりますわ(ほじらないけど)。
規制緩和でそもそも正社員の枠がなくなっているのに、
「贅沢言わなければ仕事はいくらでもある」
会社が労働三法を全く守っていなくても
「我慢が足りない」
つーか、なんで法律守ってないやつのためにこっちが我慢しなくちゃいけないんで?
仕事関係の方の息子さんはSEだったそうですが、あまりの長時間労働でお尻に「床ずれ」ができて、化膿してエライことになっちゃったそうです。私よりちょこっと年上の人かな。別にすごく太ってるとかじゃないんだよ。
「もう、頼むから仕事辞めなさい、って言ったのよ。家業も大変だけど、息子が死ぬよりよっぽどいいから、家業を継がせることにしたの」
とおっしゃってました。そりゃあそうだ。これでも我慢が足りませんかね?
確かに簡単に仕事辞めちゃうやつも、サボるやつもいるかもしれない。でもそれは個人の資質の問題であって、正社員を派遣やアルバイトに置き換えてきた言い訳にはちっともならない。
というか、がんばっても正社員になれることなんか絶対にないのに、頑張れって言われても、という気持ちもわかる。さすがにロフトとか一部の会社では正社員登用制度を作ったりもしてるみたいですが。
ああ、それで思い出した。先日の「スパモニ」で秋葉原の事件に関連してなんだけど、コメンテーターのうち約2名ほどが
「派遣法の規制緩和がこういう派遣から抜け出せない若者をつくった」
といったような鳥越さんのコメントに
①「でもそういう融通がきく方が女性は働きやすいし」(白石とか言う大学教授)
②「あの時それ(規制緩和)をしなければ日本経済は復活しなかった」(闇金と戦うとか言う弁護士)
とか言っててねえ。
まず①だけどさ、それはメインが主婦で基盤となる財源(つまり旦那の給料)が確保できてて、補助的に働いてる人のケースだけだろ。たとえば離婚なり旦那が突然死ぬとか病気とかって突発的な事態が起こったときに「じゃあ正規雇用で」って言っても、それで働ける場所ってどれぐらいあるわけ?後、自分ひとりで生きていく人もそういう派遣とかで働かざるをえないのが現実。本来は正規雇用でも融通が利くようにならないといけないよね。実はこいつ私の出身大学の教授です(最近なったみたいだが)。私の在学当時どれほど就職難だったと思ってるんだいったい。
そんで②だ。こいつは私と同い年なんだけど、なんかこれを聞いた瞬間、朝から頭に血が上ったよ。
「いったい何様だ、おまえ!」
と怒鳴るわたくしにのり君も猫達もびびるし(笑)。
サラ金や闇金に苦しめられてるのは、何も考えなしにギャンブルしたり、遊びにお金を使った人ばかりじゃない。生活や事業にどうしても足りなくなって、少しだけ・・のつもりが膨れ上がってしまうのが大半だと思う。そんなのお前いくらでも見てんじゃないの!?と頭に血が上ったのですよ。だいたい景気が回復したとか言うけどさ、勤労者所得は減り続けてるし、消費ものびてない。どこの話ですか景気回復したって(笑)。

まあ、なんぼでも言いたいことはあるんだけど、のり君が帰ってきたので(ロスジェネは買い忘れたそうです・笑)晩御飯にしよう。
秋葉原についてはなんだかすごく言いたいことがありすぎるのでのちほど!
[PR]
# by maunya | 2008-06-14 19:43 | books

天気予報。

今日は一日寝込んじゃいました。
昨日仕事関係で講演会に参加してて、それはものすごく面白かったし楽しかったんだけど、どうも土曜日あたりから疲れがたまってたようで。
土曜日昼過ぎまで仕事→着付けの会に顔を出してお手伝い→仕事関係の方のお通夜→会議で、10時前に帰宅、でちょっと疲れたみたい。なんかこう書くとすごいスケジュールだな(笑)。
会議終わって立ち上がろうとしたら胸の辺りにものすごい激痛が走ってですね、なんだったんだろうあれ。周りの人がびっくりしてましたけどさ。息を吸うとすんごく痛くて、背中をさすってもらったら収まったんですが。その後はなんともなかったのよ~。
リウマチでも肋骨とか鎖骨とか思わぬところが痛むんだけどね。
のり君も子どものころ同じような症状で入院したけど原因不明だったらしい。
彼の場合はDV親父から離れたかったのが身体にでたような気がしますが。
昨日は仕事とはいえ楽しみにしてたので、そんなにストレスでもなかったし、帰りに偶然知り合いに会って車で家の前まで送ってもらってすごく楽チンだったんだけどね。
でもまあ今朝起きたらなんだかあちこち腫れぼったいし、だるいしなので休みました。
そんでうとうとしてたら突然の豪雨。
・・・・もしかして、そのせいでしんどかったとか?
これから梅雨の季節の間ずっとこんな体調かと思うと気が滅入る・・・。

ところで新しいPCですが、こんなルックスです。
c0043315_234696.jpg

You Tubeが見られなかったり音声がでなかったりと昨日はバタバタしましたが、ほぼ完璧に使える状態になったかな?
なんといっても立ち上がりの早さに感動です・・・!まだ200GBも空いてるのよ~!
ただ、マウスの右側にルーペがついてて、ついうっかり押してしまうのがうっとおしいですが。
[PR]
# by maunya | 2008-06-09 23:10 | リウマチ

新しいPC

本日新しいPCが届きました。
前のノートPCが限界(笑)でしたので、先週ヨドバシで衝動買いしたんですよ。
今日は私は仕事だったので、のり君がとりあえず配線はしてくれてて。帰宅後にネットの設定だとかやって、一応は使えるようになったかな?
まだいくつか落とし穴はありそうですが。とりあえずず~っとデスクトップがほしかったので、それでけでも嬉しくてたまりません。
なんかいろいろ書きたいことはあるんだけど、限界眠いので今日はこれまで!
[PR]
# by maunya | 2008-06-08 23:28
4月の29日から4日まで、新たなる実家の鹿児島に行っておりました。
明日からとうとう仕事です・・・うううう。
今回は弟にキャットシッターをお願いして、のんびりして参りました。キャットシッターだけのはずが、何か部屋もすっごく片づけてもらって申し訳ない(笑)。いつまでこの状態が維持できるのか、のり君はすでに「7月頃にもう一度ヤツを呼べ!」と言ってるけど、でもがんばる・・・つもり(笑)。とりあえずもう一度礼を言っておくぞ、ありがとう弟。

実は29日未明にのり君がトイレに行こうと起きた際、すっころんで右手親指のツメをはがすというアクシデントもあり(当然消毒ぐらいしかできずに出発)、なんだか不安な旅立ちだったのですが。
結論から言うと
すっげー楽しかったです。
わたくしが飛行機嫌いなので、今回は新大阪→博多がN700系のぞみ、博多→新八代がリレーつばめ、新八代→川内(鹿児島)がつばめ。という約5時間の電車の旅でございました。往復だと一人31200円ですね。いや、意外と楽しかったのよ、これが。JR九州の車輌はどれもデザインがすごく可愛いぞ。在来線も新しい車輌は可愛かった。

色々あったのですが、とりあえず今日は実家付近の写真など。
両親の家から祖父母宅(徒歩15分ぐらい)に向かう海岸近くの道はこんな感じ。
c0043315_22393080.jpg

祖父母の家から松林を越えると、5分もかからずに砂浜に出られます。
c0043315_22405432.jpg

ハマボウフウがたくさん生えているせいなのか、とても良い匂いがしてました。
奇麗な砂浜なのですが、流れが強いらしくて、
「泳ぐと死ぬ」
と言われてます(笑)。波打ち際で足を浸すとすんごく気持ちよい。20分ほど遊んでましたけど、人は4人ぐらいしか会わなかった・・・。もったいないような(笑)。
もう少し先に車で入れるところがあるみたいで、みんなそっちから海岸にでるようです。
続きはまた後日(すっごい写真が多い・・・笑)。
[PR]
# by maunya | 2008-05-06 22:51 | おでかけ